これからも増える?サテライトオフィスのメリット

サテライトオフィスがもたらす社会

働き方に合わせて設定されるサテライトオフィス

働き方改革により、企業は、生産性を向上させ、新たな創造性を持つ企業への進化に向けて動き出しています。 その足掛かりとして、まずは、労働力を確保するため、現在働いている人、および、休職を余儀なくされている人たちが直面している「育児」「介護」などの問題を解決していく方法を模索しています。

サテライトオフィスを設置するメリット

支店や営業所ではなくサテライトオフィスを設置することは、企業にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。 スペースや備品類を最小限に設定することで経費の削減などが予想されます。 それではどのような設置の仕方がより効果的なのでしょうか。 具体的な例を出してみていきます。

国が後押しする地方型サテライトオフィス

3種類のサテライトオフィスの中で、国と地方自治体がタッグを組んで取り組んでいる地方型タイプ。 都心とは人も環境も異なる地域にオフィスを置くメリットにはどんなことがあるのでしょうか。 また、積極的に招致を行っている地域にはどのようなところがあるのでしょうか。

働き方改革により社会はどのように変化していくのか

サテライトオフィスとは、本社とは別に設けた小規模なオフィスのことで、支店や支社よりもさらに小さい事務所を指して使われる言葉です。
「働き方改革」によって掲げている、企業の生産性の向上、ひいては創造性を高める職場環境の整備を実現するため、現在、介護・育児と仕事の両立やプライベートの充実が求められています。
その方法の一つとして注目されているのがこのサテライトオフィスの整備です。
サテライトオフィスは設置される場所により大きく3つの種類に分類されます。

「都市型」主に営業担当が外回りからわざわざ本社や支店に帰社しなくても事務業務ができるように営業先の拠点に設置されるタイプ。
「郊外型」通勤時間の短縮、介護育児との両立のためベットタウンなど、住居近くに設置されるタイプ。
「地方型」落ち着いた環境での雇用促進や、地震などの災害が起こった時の事業復旧を目的としたBCP(事業継続計画)を実現を目標とし、都心を離れた地方など、自然に囲まれた環境に設置されるタイプ。

特に、「地方型」のタイプは国と地方自治体が協力して招致を行っており、厚生労働省が行っている「おためしサテライトオフィス」が注目されています。
IT技術も発達したことにより、コミュニケーションの要素を含めたICT(Information and Communication Technology)環境を整えることで過疎化地域の活性化も視野に入れながら、自然に囲まれた環境の中での「人間らしい」新たなライフスタイルを提案しています。