>

国が後押しする地方型サテライトオフィス

このコラムをシェアする

リスク分散の一翼を担う地方型

災害が起きた場合、ライフラインの復興に時間がかかるなどの理由から、企業の機能が回復するまでに時間がかかることが多いです。
そんな時でも、被災の少ない場所にサテライトオフィスを置いていた場合、それがバックアップの役割を果たし、こういった緊急事態の時に本部機能の代行を期待することができるのです。
この試みは東日本大震災以降、BCP(事業帰依族計画)として各企業で注目されています。
招致を促進するため、大都市と変わらないICT環境の整備も行われており、また、物価なども都心部に比べ低いので、オフィスとしての設備投資が低く抑えられることも魅力の一つです。
さらに、地方での雇用活性化、優秀な人材の発掘、確保も期待されています。

人間らしいライフスタイルの実現

都心から離れた地方にサテライトオフィスを置く利点としては、誘致を促進している自治体が過疎化や空き家問題に直面しているような、山間部や自然に囲まれた環境であるということ。
子育ての環境としては望ましく、また、こういった地域へオフィスを設置することはその地域の活性化にもつながるチャンスをその地域に与えることになり、地域貢献にも力添えできます。
そして、一番なのは、ストレスフルな都市を離れて自然に囲まれた環境で仕事ができるということでしょう。

総務省では、地方でサテライトオフィスを構えることを奨励し、「お試しサテライトオフィス」というプロジェクトを行っており、北海道から沖縄まで全国31都道府県で実施しています。
運用してみて、実際その地域でオフィスを構えたいと希望する場合、自治体による支援を受けることも可能です。